ジルコンチタンデオライム EF – 株式会社ナノウェイヴ

製品案内

ジルコンチタンデオライム EF

ジルコンチタンデオライム EF

ラジウム線を含むジルコニウム・ケイ石・チタニウム・アルミナの複合酸化物で、マイナスイオンを発生します。

物質の特定
分類 複合酸化物
単一/混合物の区別 単一製品
化学名 ジルコニウム・ケイ石・チタニウム・アルミナの複合酸化物
英文名 Zirconium Quartzite Titanium Aluminum Complex
化学式 (Zr,Si,Ti,Al)O2
CAS No. ZrO2 1314-23-4
SiO2 7631-86-9
TiO2 13463-67-7
HfO2 12055-23-1
Al2O3 1344-28-1
危険性情報
引火性:なし 自然発火性、水との反応性:なし
可燃性:不燃 自己反応性、爆発性:なし
酸化性:なし 粉塵爆発性:なし
安定性、反応性、熱、光、衝撃に対し安定である。
放射線:ジルコンチタンデオライムは天然に産する鉱物中に含まれる放射性元素(ウラン系列核種、トリウム系列核種)を極めて低レベルに含有しており、その数値は以下の通りである。(電離放射線障害防止規則74ベクレル/g以下を基準としております。)*生産ロットにより変動があります。
ウラン系列核種 22.5ベクレル/g (%濃度として0.193%)
トリウム系列核種 36.49ベクレル/g(%濃度として1.132%)
ウラン系列
核種 定量計算で使用したγ線の
エネルギー(Kev)
放射能濃度(Bq/g) 放射平衡が成立したときの
Uの濃度(%)
226Ra 186.0 7.4±0.7 0.063±0.006
214Pb 352.0 7.1±0.2 0.061±0.002
214Bi 609.3 6.9±0.2 0.059±0.002
トリウム系列
核種 定量計算で使用したγ線の
エネルギー(Kev)
放射能濃度(Bq/g) 放射平衡が成立したときの
Uの濃度(%)
228Ac 911.2 10±0.3 0.25±0.008
212Pb 238.6 12±0.2 0.28±0.004
212Bi 727.2 9.2±0.7 0.23±0.02
208Ti 583.1 4.0±0.09 0.28±0.06

株式会社ナノウェイヴは、独立行政法人産業技術総合研究所の光触媒関連技術など、新規性進歩性のある環境素材をテーマとして、技術開発企業を目指します。